• tel:045-530-4343
  • お問い合わせ・資料請求

Don't think. F E E L ! 大浦比呂志の五感で感じる暮らし

ネイチャーデコール主宰 建築デザイナー大浦比呂志のこだわりの世界観を、建築、インテリアの事例やライフスタイルにスポットをあてながら紹介して参ります。

ブログナビゲーターページへ>>

BLOG一覧

  • 2017/06/20

    「今までの生活をリセットして、三度目の家創りに!」

    09.NDのオーナーさん09.想うこと20.『casa brooklyn』の家

     

     

    ネイチャーデコール新作事例WORKSに、「オーナズボイス」をいただきました。

     

    内村.1のコピー

     

    内村.2のコピー

    ここのところ何回か訪れたケースですが、三度目の家創りにお声かけ頂けた、という

    とてもありがたいケースで、「終の住処」として私どもに設計をご依頼頂きました。

    「家とは三度建てて分かるものだ」などと、よく言われますが、なかなか経済的にも

    気力的にも家を三回も建てるなんて言うのは現実的な話しではないし、

    出来る事なら一回で満足のいく自分らしさが反映された家であるべき、と常日頃

    考えながらこの仕事に挑んでいるわけですが、

    家にとことんこだわり、自分たちらしいライフスタイルを追求した結果、

    今までの家をリセットして、私どもに「終の住処」として夢を託してくれた、

    今回の事例はそんなケースでした。

    「10数年前から思い描いてきた幸せの光景が実現した」というオーナーさんの

    お言葉に、本当にこの仕事をしてきて良かった、そんなことを痛切に感じました。

     

    また、今回のオーナーさんご家族との出会いに感謝し、この「オーナーズボイス」

    ありがたくいただきます。

     

    ○オーナーズボイスはこちらから → http://www.nature-decor.com/works/detail111.html

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2017/06/19

    「一層、一層、丁寧に、、地層壁を仕上げています」

    00.現場02.壁材・左官20.『コンフォータブル・リゾートの家』

     

    今、習志野で進めているネイチャーデコール流リゾート住宅。

     

    ここで試みている「地層壁」

    「版築壁」とも言いますが、その全貌が段々見えてきました。

     

     

    地層.1

     

    地層.2

     

    地層.3

    「地層壁」を使っている場所は、玄関ホールで階段のある吹き抜けの部分。

    階高5.5メートルある、大きな壁面を「地層」に見立てて仕上げていきます。

     

    今回は「まさど土」などの土をベースに全体的に土色のグラデーションで表現。

    地層の層となる部分は、一層一層ライン養生をしながら、、

     

     

     

    地層.4

     

    地層.5

    2階の階段ホールは良い感じに仕上がっています。

     

    層ごとに色を変え、骨材の配合バランスを変え、層の太さもアレンジしながら、

    地層の様な自然観を出していきます。

     

    この仕上がりは、圧倒的な存在感とボリューム、インパクトがあります。

     

     

     

     

    地層.6

    お〜、まだまだ完成まで時間が掛かりそうで、この一層を仕上げるのに

    かなりの時間を要します。

     

    もうひとふんばり、よろしくお願いします!

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2017/06/14

    「一枚のイメージ画像から忠実に再現」

    00.現場01.擬石・擬木・造形20.『海外生活経験をベースに』

     

    ここのところの忙しさから、このブログもかなり空けてしまいました。。

     

    若い頃から、継続して同じ事を繰り返し行うのがとても苦手な自分ではありますが、

    このブログの中では、発信することが多く、こんな事もお知らせしたい、あんな事も

    お知らせしたい、、と、まだまだお話ししたいことがいっぱいで、

    自分らしくなく結構続いているのが不思議です。

    そして、何日もこうしてブログの更新を空けてしまうと、罪悪感すら感じてしまうのも

    また、不思議です。 いつの間にか、そんなマメな自分になっていた。(笑)

     

     

    さて、今日はいま進行中の横浜市青葉区「海外経験をベースに」の家。

    7月の完成に向けて、仕上げの業者さんで賑わって参りました。

    今回お知らせするのは、ネイチャーデコールお得意の擬石WORKSについて。

     

     

     

    再現.1

    ヨーロッパの古い邸宅のイメージで、そもそもあった躯体の石積み構造の壁を、

    新しい住宅の中で再現出来ないか、、と考えていたところ、

    オーナーから渡された一枚の画像。

    なかなか良いバランスの画像ですね〜

    こんな石積みは、新たに石を積むことでは再現出来ないので、

    ここは、この画像のニュアンスをもとに、別の手法で創り上げていかないとなりません。

    となると、ネイチャーデコール・マジック、擬石WORKSの出番ですね。

     

     

     

     

     

    再現.2

     

    再現.2-2

    そして出来上がったのが、この壁です。

    窓廻りにまぐさ代わりのブリックのアクセントも入れながら、

    かなり忠実に再現出来ました!

     

    画像では伝わりきらない、石ひとつひとつのディティールや、目地の具合など、

    誇張してやりすぎない、といった自然感がとにかく重要で、

    良く目にする、アミューズメント施設やショップの様になってしまうとダメなんです。

     

    そうして出来上がった壁、これは本物の石積みの再現です。

     

     

     

     

     

    再現.3

     

    再現.4

    これは、はじめの造形の段階。

    ここでは、固まりが遅く肉厚(盛りつけ)がし易い、造形専用のモルタルを使用します。

    石を積み上げていくことをイメージしながら、絵を描くように人の手で形状を作っていく、

    という大切な工程です。

     

     

     

     

     

    再現.5

    造形が出来上がると、こんどは色付けの為に、いったん白でベースを作り、

    その上から、エージングの技術で石に濃淡を出していきます。

    ここでも、画像を見ながら絵を描くように着色していきます。

     

    そして、決め手となるのが目地入れ。

    実際の石目地みたいに隙間を目地で埋めていき、石が積み上げられた様な表現を作ります。

     

    ここまでの作業を、アーティスト4人~5人で一週間以上の日数を掛けて完成させていきます。

     

     

     

     

     

    再現.6

    一般的な家創りの常識を越えたフィニッシュワーク。

     

    完成して出来上がったものは勿論重みと存在感があるわけですが、

    素材やものを選んでいく工程であったり、壁一枚に費やす手間と時間、そして情熱。

    こうしたひとつひとつのもの作りの工程のバックストーリーが、

    家をより豊かなものにしていきます。

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2017/06/03

    「鴨川っ!」

    00.現場09.大浦比呂志 LIFE20.『高台に住む、週末CAFE』

     

    千葉の鴨川で進めているプロジェクト「高台に住む、週末カフェ」の家。

    現場の進捗確認と打合せのため早朝からアクアラインで向かいました。

     

    鴨川.1

    んん〜、この景色。やはりこの現場に来ると気分も上がります!

    また、当日は爽やかな青空で気持ちの良い日。

     

     

     

    鴨川.2

     

    鴨川.3

    現場では外壁面のタイベックシートが張られ、窓が全部取り付いている状態です。

    今回は、はじめてお願いする施工業者さんですが、

    設計の意図をくみ取ってもらいながら、とても丁寧で綺麗な仕事をしていただいてます。

     

     

     

     

    鴨川.4

    これはカフェ部分のデッキテラスに繋がる窓ですが、

    ここからもこんな景色が切り取られます。

     

    確かに景色は良いのですが、地元の施工業者さんのお話しでは、とにかくこのエリア

    都会では目にしない虫やサイズも大ぶりなものも多く、その対策も考えておかないと、、

    との提案。

    そこで玄関ドアなどの上がり框も通常より高く取ったり、ドアの下に隙間を無くす

    ゴムを取り付けたりと、外に繋がる開口部の下側処理について細かく話しをしてきました。

     

    本当は季節の良い時期などは窓も全開にして、外の風を感じたいのですが、

    なかなか理想通りにはいかないようです。。

     

     

    そんな感じで現場を後にして、さ〜! 明日はお休み。

    車にはボードを積んできたのでこれから波を探しに走ります。

    千葉南はコンスタンスに波のあるエリアとしても有名で、

    特に鴨川エリアはサーフィンの歴史も古いところで、施設も整ってます。

     

     

    鴨川.5

    まずは、鴨川のポイントをチェック!

    しかし、、、こんなときに限って鴨川エリアは写真の通りフラット!

    まるで湖。。

    普段はロングボードにとって、メローで良い波がたつこのポイントも今日はまるでダメ。

    早速波情報をチェックしても、夕方〜明朝に掛けてもあまり変化が期待できそうにない。

     

    そこで、さらに南下して千倉方面に向かう。

    鴨川からは約30キロくらい。

     

     

     

    鴨川.6

    夕方、6時くらいに千倉ポイント到着。

    まあ〜、良い感じの波! そして海には5人くらいしか入ってなく、

    この波をほぼ独占状態で楽しんでました。大正解でした!

    さすがに今からだと1ラウンドきつそうだったので、楽しみは明朝にまわし宿へ向かう。

     

     

     

    鴨川.7

     

    鴨川.8

    この宿、3年前にも一度利用した宿だけど、完全なサーファー仕様で、

    至れり尽くせりの環境、そしてビーチは目の前で歩いてすぐに海に出れる宿。

    ラッキーなことに当日チェックで空いていました!

    部屋からは波の音も聞こえ、これサイコーな場ですね。

     

    明朝は予報通り丁度良い波がヒットして、朝の5時から入水、5時間ぶっ通しで

    楽しめました〜!

     

    やはり、この鴨川の現場、、自然と足が向いてしまいそうです。(笑)

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2017/06/01

    「WONダフル happy days!」

    03.ペットと暮らす03.ホームパーティを楽しむ03.暖炉の火を楽しむ05.ガーデン&外構05.屋上09.NDオーナーのライフスタイル12.ガーデンデザイン20.『地中海の白い家』

     

    昨年から続いている、「N邸・屋上ガーデン計画」

    ようやくガーデンキッチン部分が完成し、先日お招きにあがりました。

    N様は愛犬家のご夫妻、当然ワンコも同伴で、、ということでしたが、

    まだ我が家に来て3日目の「サンディ」、社交界デビューが無事つとまるか?

    不安いっぱいの中、先住犬の「ニコル」と共に、家族皆で参加させていただきました。

     

    屋上ガーデン計画は昨年末に先行して屋上キャビンが完成し、引き続きに今回の

    ガーデンキッチンとガーデンダイニングスペースを作ってきました。

    全体を細かく観ていただいた、ガーデン&ファニチャーズ・長谷川さん

    本当にお疲れ様でした〜

    お陰で、すばらしい空間が思わぬ所に誕生しました。

    そもそも庭のスペースが無かった都心の家。いままで主にモノ干し場としか活用されて

    いなかった場所が、人もワンコも寛げる屋上ガーデン、まるでオアシスのような場として

    生まれ変わりました!

     

     

    屋上.1

    日よけのタープが張られ、大人が6人ゆったり囲える大きなダイニングテーブル。

    日射しの強い屋上にはタープは欠かせませんね。

    そしてテーブルは、汚れも気にせず外部でもタフに使えるモールテックスの天板。

     

    早速テーブルセッティングがされ、冷たい飲み物も沢山冷やされていました。

    こうした外部で使うカトラリーや食器にこだわるのもオーナーNさんの美意識の高さ。

    ちょうど目線を隠すウッドフェンスの高さが、都心であることを忘れさせる完全なる

    プライベート空間になっていました。そこから見え隠れするさりげないグリーンの

    設えがさらにリゾート感を盛り上げてくれます。

     

     

     

     

    屋上.2

    グリル機器も本格的で、これで焼き上がったお肉やオーナー自慢のピザは絶品!

    料理のプロ、Nさんの腕をうならせるプロ仕様のキッチンで、

    外部でも本格的な料理が提供できる設備になっています。

     

     

     

     

     

    屋上.3

    我が家のおてんば娘「サンディ」もすっかり場の空気に癒され、

    「生まれて来て良かった〜!」そんな表情をずーとしていました(笑)

    やはり、犬はひとのエネルギーを敏感に感じる様です。

     

     

     

     

    屋上.4

    オーナーのかつさんは、料理を作ったり犬使いになったりと大忙し。

    ここではだれが料理を出してくれるのかを、即座に見極めるのも犬の本能。

    かつさんのまわりには、いつも犬たちが群がってきます。。

     

     

     

     

    屋上.5

    ハンモックで寛ぐ、奥様のみえこさん。「ラブ君」も笑ってる。

     

     

     

     

    屋上.12

    ここに来ると、なんども見間違ってしまう、Nさんの「ブル君」とうちの「ニコル」

    顔の白さ加減も似ている。

     

     

     

     

    屋上.6

    空は夕暮れ時のマジックアワー。

    一番空が綺麗な時間帯ですね。

    ガーデンキッチン部分から、こんなに綺麗な空が見えていました。

    ほんとうに、「ここはどこ?」 Kona Windが流れてきそう〜

     

     

     

     

     

    屋上.7

    今日もまたサイコーなおもてなしをしていただいた、Nさんご夫婦。感謝です!

     

     

    屋上.8

    そしてネイチャーデコールの家の古いオーナーであり友人のMさんご夫婦。

    Mさんは、いまNさんのお店のロゴデザインなどでも参画してもらっています。

    人の繋がりや縁って面白いですね〜

    Mさんの家のわんこはミニチュアピンシャーの「ルーシー」。

    野犬のようなうちのわんこたちと違って、シルエットの様にお上品(笑)

     

     

     

     

    屋上.9

    空の色を見ると、いつのまにかこんなに夜も更けてきました。。

     

     

     

     

    屋上.10

    暗くなると大活躍なのが、このバイオエタノール暖炉。

    温かくなってきても、外でこの「火」が見れるって幸せです。

    まったりと、時の経つのも忘れてしまいそう。

     

     

     

     

    屋上.11

    ほんとうに、今日はありがとうございました!

    人もわんこも笑顔が絶えない幸せなひとときでした〜

    「WONダフル Happy days!」

    「サンディ」の電池ももう切れてしまったようです。。

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-

最新記事