• tel:045-530-4343
  • お問い合わせ・資料請求

Don't think. F E E L ! 大浦比呂志の五感で感じる暮らし

ネイチャーデコール主宰 建築デザイナー大浦比呂志のこだわりの世界観を、建築、インテリアの事例やライフスタイルにスポットをあてながら紹介して参ります。

ブログナビゲーターページへ>>

01.サイン・看板・ロゴデザイン一覧

  • 2017/02/17

    「引き渡して一ヶ月 また自分たちの手から巣立っていきます」

    01.サイン・看板・ロゴデザイン01.造作家具20.『三度目の家物語』

     

    「三度目の家物語」、引き渡して約1ヶ月が経過しました。

     

    今日は、まだ引き渡しの時に間に合ってなかった家具などを納めながら、

    その後のご様子を伺いにお邪魔してきました。

     

    1.オリジナルセンターテーブルの納品

    坂.1

     

    坂.2

     

    坂.3

     

    坂.4

     

    天板に古材のオーク材をヘリンボーンにして製作したセンターテーブルは

    なかなかの高級感と存在感のあるものになりました。

    サイズは1400ミリ×900ミリ、H=400ミリでかなり大きめサイズで、

    どこのソファからも、あまり手を伸ばすことなく、テーブルの上のコーヒーが

    手に取れる大きさ。

     

    200ミリの厚みを持たせた天板が床から浮いた様なデザインになっていて、

    大きさの割には、スッキリと軽やかにも見えます。

    その200ミリの天板の厚みを利用して、引き出しが付いているので、

    テーブルの上に、テレビのリモコンなどが散らからない様、整理されます。

     

    カラートーンも70代のオーナーが利用する落ち着いたこのリビングにマッチさせた、

    ダークな色味で仕上げてます。

     

     

     

     

     

    2.敷地内に、よその車の侵入をガードする為に製作

    坂.5

     

    坂.6

     

    坂.7

    当初、電動ポールとか既製品の仕掛けものを色々と検討していましたが、

    なかなかこの外観にピッタリはまる、デザインのものが見当たらなかったので、

    シンプルながら、機能性を満たすものを、ボディからデザインし、ステンシルを入れ

    さらにエージングも加えて、製作したオリジナルです。

     

    アメリカのミッドセンチュリーな外観デザインにフィットさせながらも、

    あまりお子ちゃまっぽくならない様に、渋めな感じにまとめました。

     

    1台が約18キロくらいの重さで、ベースの丸棒で重量を持たせ、

    今日の様な、春一番の強風にも耐えられる様に設計されています。

     

     

     

     

     

    坂.8

    リビングの演出、スタンドライト。

     

     

     

     

     

    こんな感じで色々なところに、自分たちで考え、作ったものを

    家の隅々まで宿らせていくので、やはりどの家でも愛着が湧きます。

     

    まだ、引き渡して一ヶ月くらいですが、とても快適に暮されてると、

    大変喜んでいただけました。

     

    こうしてこの家も、また自分の手から離れていってしまうことを思うと、

    嬉しい様な、悲しい様な、、、これがこの仕事の辛いところなんですね。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2016/10/20

    「地域に根付いた小さなカフェ」

    01.サイン・看板・ロゴデザイン03.自宅がお店09.NDオーナーのライフスタイル12.店舗併用住宅・いえみせ

     

    ネイチャーデコールのオーナーさんでは、自宅の一部を小さなお店にしたり、

    サロンの様なお教室にしたり、自分のスキルや趣味を生かしたスペースを

    住居と併用で作られる方も多く居られます。

     

    このお宅は、隣にある公園の借景を取り込みながら、

    緑と自然光の溢れる中で、こだわりのコーヒーと手作りケーキを提供する、

    というコンセプトで生まれた「ヒヤシンスハウス」

     

    オープンしてしばらく経ちますが、週に三日間だけの営業という

    スローな形態にも関わらず、遠くから駆けつけるファンも多く、

    すっかり地域に根付いています。

     

    ヒヤシンス.1

    ヒヤシンス.2

    ヒヤシンス.3

    ヒヤシンス.4

    後から造作したデッキ&駐車スペースも、建物と一体化して、

    ツタで覆われ、緑の中に溶け込むという、イメージした通りに

    良いファサードの表情が出来上がっていました。

     

    入口にある、サインは全てオーナーさんの手作りによるものです。

     

    住宅街の中にある小さなカフェらしく、あまり作り込まない

    ほどほどな感じが気配りとセンスを覗えますね。

     

     

     

     

     

    ヒヤシンス.5

    ヒヤシンス.6

    店内の光景

    1階がカウンターで2階にデッキと隣接した小さな客席のある

    二層構造になっているカフェです。

     

    カウンターではオススメのコーヒーやその日の出来たてのお菓子を

    チョイスすることが出来ます。

     

    ここでは、オーナーご主人のBGMの選曲がまたセンス良く、

    それを楽しみに訪れてくるお客さんも居るようです。

     

    そして、たまに絵や写真、小物の個展なども行われ、

    ちょっとしたギャラリーにも変身します。

     

     

     

     

     

    ヒヤシンス.7

    ヒヤシンス.8

    2階のデッキスペース。

    ここからは、隣の公園が一望出来、このデッキは

    まるで大きな公園の中にあるカフェの様な気がしてきます。

     

    スローな時間の中で、週3日だけのカフェ、

    そして地域と繋がり、小さくても贅沢な時間と空間を提供していく、

    こんなライフスタイルも素敵ですね〜

     

    お近くに行かれることがあれば是非、お立ち寄り下さい。

    「ヒヤシンスハウス」 http://hyacinthhouse.web.fc2.com/top.html

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2016/07/12

    「ショップファサード生まれ変わりました!」

    01.サイン・看板・ロゴデザイン04.パリスタイル05.外観12.ショップデザイン12.リノベーション20.『街で人気のパン屋さん』

     

    二年前に手掛けさせて頂いた「デイジイ東川口店」。

    何店舗か埼玉県川口方面で展開している、地元で話題の美味しいベーカリーなのですが、その西川口店のファサードが老朽化してるのと、イメージアップを図りたい、というご相談を受け、東川口店とのイメージの共通化を図るべく、内装はそのままファサードだけですがイメージを一新してしまいました!

     

    デイジイ東川口

    これは、二年前にデザインさせて頂いた東川口店のファサード。

     

     

     

    デイジイビフォー1

    デイジイ西川口店のリフォーム前のファサード(ビフォー)

     

     

     

    デイジイアフター1

    そしてこれが今回リフォーム後のファサード(アフター)

     

    ロゴの入れ方を整え、ファサードのカラーリングも黒をベースにシックに変更しました。

    そしてPARISなイメージでベーカーリーから「BOULANGERIE」へ。

    あと、もともとあったガラス面のおかしなカッティングシートの化粧をすべて剥がして、ガラス面をさっぱりさせました。

     

    お店が生き生きと見えてきましたね〜

     

     

     

    デイジイアフター2

    二階のカフェも柔らかいイメージで一新させました。

     

    アフター1入れ替えデイジイ

    アフター3

    アフター4

    アフター5

     

    ファサードのカラーリングの統一感と、サイン計画の力って大切ですよね。

    今回は、ネイチャーデコールの過去のオーナーであり、友人でもあるグラフィックデザイナーの方の協力により、サインデザインを提案して頂きました。

    一緒に家創りをした人とまた別のかたちで

    コラボレーション出来るなんてホント幸せなことです。

     

    みなさまとの繋がりとご縁に感謝です!

     

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2016/05/15

    「2nd anniversary ohana」

    01.サイン・看板・ロゴデザイン09.NDのオーナーさん12.ショップデザイン20.『ベーカリーズキッチン・オハナ』

     

     

    オープン2周年を迎えるベーカリーズキッチン オハナさんに車を飛ばして行って来ました。

     

     

    到着したのが、お昼過ぎという事もあり、大きな駐車場もほぼ満車。
    店内もお客さんでごった返していました。やはりお話通りの大盛況ぶり!
    デザインに関わらせていただいた身としては、大変嬉しいですね!
    ここに来るといつも晴天の青空。
    シンボリックなパンの窯も青空に映えますね。
    郊外のゆったりとした敷地を生かした、
    気持ちの良い外観。
    例年の今頃には、この隣に「Ohana cafe」(仮)というもう一軒の
    アメリカンバー&ダイナーが計画されていて、
    今日は、あらためて現地を見ながらの、
    打合せが行われました。
    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2015/11/15

    「柱に自分だけの印を刻んだ…」

    01.アイアン01.サイン・看板・ロゴデザイン03.ホームパーティを楽しむ09.NDのオーナーさん

    代々木上原でデザインをさせていただいた、都市型三階建てのお宅。

    一年ちょっとを経過したそのお宅にお招きいただきました。
    ご夫婦のお名前の頭文字の「AとR」が
    このお宅の家紋。
    結婚する時に、著名なデザイナーであるお父様がお二人のために、デザインしてくれたロゴ。そんなエピソードのあるもので、そのロゴをアイアンでデザインして、オリジナルで製作したのが、この家の門扉になってます。
    これまた著名な料理愛好家であるお母様伝授による?、美味しい料理の数々。
    どれも絶品! 本当に美味しくいただきました!
    この家創りに関わった、関係メンバーを交え皆で集合写真を。  ホロ酔いです(笑)
    ご主人は本当に家が出来ていくプロセスを楽しんでいた様で、
    家が出来てしまうと隠れてしまう骨格となる骨組みが愛おしく、その柱に自分だけの印を刻んだ…
    そんな、暴露話も聞けました。
    なんか、とても感慨深いものですね。
    工事中はお腹の中にいた赤ちゃんも、
    すっかり家族の仲間入り。
    三人の可愛いお子様と共に賑やかで明るい家庭を築かれていました。
    その家族の歴史と思い出を刻んでいく家。
    こんな姿を見ると、本当に幸せになります。
    奥様は最近、義理のお母様と一緒に素敵な料理本を出し、売出し中です!
    「娘姑ごはん物語」セブン&アイ出版
    から、発売中。
    おふたりがキッチンに立って、野菜を刻みながら話してる事を、
    そのままレシピにした本 との事です。
    家のかたちやデザインが違うように、
    いろいろなスタイルの家族があります
    ね^_^
    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-

最新記事