• tel:045-530-4343
  • お問い合わせ・資料請求

Don't think. F E E L ! 大浦比呂志の五感で感じる暮らし

ネイチャーデコール主宰 建築デザイナー大浦比呂志のこだわりの世界観を、建築、インテリアの事例やライフスタイルにスポットをあてながら紹介して参ります。

ブログナビゲーターページへ>>

05.外観一覧

  • 2017/01/22

    「三度目の家物語・引渡し」

    00.現場05.ガーデン&外構05.外観20.『三度目の家物語』

     

    2017年、年明け早々の引き渡しの家、第二弾。
    「三度目の家物語」、晴天青空の下、

    本日引き渡しを終えることが出来ました。

     

    神奈川県の平塚市、平屋で約75坪の家。

    思えばこの家にも、いくつものいつもとは違う大きなハードルがありました。

    まず、自分よりもかなりご高齢である70代のご夫婦の家である、と言う事。

    そして、お二人にとっては今回で三度目の注文住宅の家創りであると言う事。

    そこに求められるのは、今度が本当に最後の「終の住処」となる家であり、

    いままでの家での数々の改善点をクリアーさせた、

    「血の通った温かい家」ということを強く求められました。

     

    作り上げた設計図書から、現場に入ってからも多くの変更や改善を繰り返し

    ようやく引き渡しまで漕ぎ着けることが出来た、、、というのが本音です。

    そしてまだまだ、住みながら自分たちに合わせて手直しを行っていく、

    ということでいえば、まだ完成とは言えない通過点なのかも知れません。

     

    坂.1

     

    坂.2

     

    坂.3

     

    坂.4

     

    オーナーとの世代間のギャップを越えながら、

    出来上がった外観が、緩やかな大きな屋根の

    どっしりとしたアメリカのミッドセンチュリーの家のイメージでした。

    70代のオーナーにとっても、若かりし頃の「豊かな時代のアメリカ」は

    ひとつの憧れの象徴であり、

    その想いを現代風な解釈でデザインしたのがこの外観です。

     

     

     

     

     

    坂.5

     

    坂.6

    大きなハンガードアを開け、エントランスポーチのセカンドガーデンの

    設えです。

    ここも計画段階では、水盤を設けたモダンなミニマムガーデンでしたが、

    和の設えのしっとりとした静かな庭へと変更になりました。

     

    ネイチャーデコール・ガーデンチームもその要望にお応えし、

    苔と水鉢、飛び石を配したミニマムな「和」を表現出来ました。

     

    外観からの流れ的には、流行のドライガーデンあたりがしっくりと来るのでしょうが、この意外性もなかなか良いものです。

     

    最近、僕自身もこうしたミニマムで静的な「和」に惹かれています。

    やはり年齢のせいなのかな? わかりやすいインパクトよりも、

    料理で言う「出し味」のようなじわじわっとくる、奥行きのあるものに気持ちがいってしまいます。

     

     

     

     

     

    坂.7

     

    坂.8

     

    坂.9

    リビングやダイニングに繋がる、南側の庭も、再考に再考を重ね、

    当初は、キッチンガーデンやBBQスペース、そしてパーゴラで繋がる

    東屋があるようなガーデンライフを楽しめる「動的」な提案でしたが、

    テラスと芝をベースに観賞用の植栽を配したシンプルなものとなりました。

     

     

     

     

    坂12

     

     

    家を作りながら、設計を変更していくことは現場にとってもとても

    大変な事であることは否めません。

    ただ、70代になっても自分の理想の家を追い求め、出来たものを修正していく事は、とても情熱がいることでそれでも妥協せず自分にフィットした家を諦めずに手に入れたい、その想いはなかなか誰にでも出来る訳ではありません。

     

    そういう人生の大イベントに立ち会え、一緒に関われたことは自分にとっても

    大きな経験であり、財産だと感じます。

     

    そしてオーナーにとって本当にこれが最後の、

    「終の住処」を完成させるのには、もうしばらく時間が掛かりそうですが、

    この三度目の家創りで必ず、その夢は実現させていきたいと思います。

     

    家創りって、ほんとうに一軒一軒 ドラマがありますね。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2016/12/15

    「12月・1月の顔」

    00.現場04.ブルックリンスタイル(ニューヨークスタイル)05.外観05.玄関・アプローチ

     

    12月、1月と慌ただしい竣工が近ずいてきている、

    2つの家の顔が見えてきました。

     

    デザインのスタイルも、オーナーの要望も違うこの二軒の家は

    全く違う表情です。

     

     

     

    ファサード.1

    このお宅は、2017年1月に竣工予定の家。

    緩やかな屋根がかかった平屋の家で、

    イメージはアメリカ・ミッドセンチュリーのモダンデザインです。

     

     

     

     

     

     

    ファサード.2

    そして、この家は12月末に竣工の家。

    黒いファサードがショップファサードの様な家ですが、

    インテリアは「ブルックリンスタイル」というテーマで進めてきました。

     

    顔が違えば内装(中身)も違う。

    デザインも多様化の時代ですね。

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2016/07/12

    「ショップファサード生まれ変わりました!」

    01.サイン・看板・ロゴデザイン04.パリスタイル05.外観12.ショップデザイン12.リノベーション20.『街で人気のパン屋さん』

     

    二年前に手掛けさせて頂いた「デイジイ東川口店」。

    何店舗か埼玉県川口方面で展開している、地元で話題の美味しいベーカリーなのですが、その西川口店のファサードが老朽化してるのと、イメージアップを図りたい、というご相談を受け、東川口店とのイメージの共通化を図るべく、内装はそのままファサードだけですがイメージを一新してしまいました!

     

    デイジイ東川口

    これは、二年前にデザインさせて頂いた東川口店のファサード。

     

     

     

    デイジイビフォー1

    デイジイ西川口店のリフォーム前のファサード(ビフォー)

     

     

     

    デイジイアフター1

    そしてこれが今回リフォーム後のファサード(アフター)

     

    ロゴの入れ方を整え、ファサードのカラーリングも黒をベースにシックに変更しました。

    そしてPARISなイメージでベーカーリーから「BOULANGERIE」へ。

    あと、もともとあったガラス面のおかしなカッティングシートの化粧をすべて剥がして、ガラス面をさっぱりさせました。

     

    お店が生き生きと見えてきましたね〜

     

     

     

    デイジイアフター2

    二階のカフェも柔らかいイメージで一新させました。

     

    アフター1入れ替えデイジイ

    アフター3

    アフター4

    アフター5

     

    ファサードのカラーリングの統一感と、サイン計画の力って大切ですよね。

    今回は、ネイチャーデコールの過去のオーナーであり、友人でもあるグラフィックデザイナーの方の協力により、サインデザインを提案して頂きました。

    一緒に家創りをした人とまた別のかたちで

    コラボレーション出来るなんてホント幸せなことです。

     

    みなさまとの繋がりとご縁に感謝です!

     

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2016/02/06

    「外構が整いました」

    03.家庭菜園&キッチンガーデン03.庭で過ごす05.ガーデン&外構05.外観20.『藤沢の二世帯住宅』

    藤沢市の二世帯住宅の第一部、外構工事

    が整いました。
    やはり、建築と合わせて外構やガーデンを計画していく事は大切ですね。
    こうして、初期計画の通りの外構が出来上がると、より一層その重要性を感じます。
    どうしても、限られた総額の中では後回しになりがちな外構工事ですが、しっかりそこにかかる費用を捻出し、建築も外構もトータルであるものと考えていくべきでしょう。
    背の高いウッドフェンスと緑が加わる事で、家のグレード感がまた一段とアップし、家にしっかりとした安定感が生まれてきます。
    この家と共に、植え込まれた樹木も成長していきます。
    このBARカウンターの様な、ガーデンキッチンでは、釣ってきた魚をさばいて、
    皆でワイワイBBQできる様に、という設えです。
    気を使わずガシガシ作業できる、
    業務用のステンレスシンクを採用しています。ステンレスなので、海に近い場所でも塩害対策OKです!
    リビングから外に大きく繋がるこのデッキスペースはいろいろと活用出来そう   ^_^
    3月にはソファーやテーブルなどガーデンファニチャーも揃います。
    積極的なアウトドアのLIFEシーンが
    今から想像出来ますね。
    外構を計画~施工していただいた、
    ネイチャーデコールパートナーの
    「ガーデン&ファニチャーズ」長谷川さんが、今日は軽井沢から来てもらい、
    樹木の説明やお手入れについて、お話いただきました。
    長谷川さん 相変わらず、良い味 出してますね(笑)
    樹木が根吹き、色付きはじめた時期が今から楽しみです。^_^
    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2015/10/11

    「ウェルカムゲートとは」

    05.外観05.玄関・アプローチ

    今回は「ウェルカムゲート」を、ネイチャーデコールの代表的な事例の中から

    いくつか紹介します。
    そもそも「ウェルカムゲート」とは、
    玄関ドアの前に人を迎え入れるためのゲートで、家の大切な顔の部分と言ってもいいでしょう。
    一般的な門扉との違いは、
    ゲートの様に壁に囲われ、そこに
    アイアンの門扉やドアが取り付いているものを、「ウェルカムゲート」と呼んでおります。

     

    過去の事例から代表的なものを5点紹介しました。
    この目的としてはいくつかあります。
    1.間取りや敷地形状の関係上、どうしても玄関が建物の脇から入る様なかたちになってしまい、なかなか家の面構えがしっかり
    作れない場合、この「ウェルカムゲート」をその家の顔としてデザインしていきます。
    2.「ウェルカムゲート」から玄関までの間をポーチの様に繋げ、場合によっては屋根をかけたり、途中に植栽ゾーンを設けて、奥行感や家に入るまでの期待感演出する場合。
    3.門扉では乗り越えてしまわれる場合があるので、しっかりとした防犯対策として。
    「ウェルカムゲート」のデザインはその家を象徴する大切な顔となってきます。
    玄関ドアと同様に、とても大切な存在ですね。
    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-

最新記事