• tel:045-530-4343
  • お問い合わせ・資料請求

Don't think. F E E L ! 大浦比呂志の五感で感じる暮らし

ネイチャーデコール主宰 建築デザイナー大浦比呂志のこだわりの世界観を、建築、インテリアの事例やライフスタイルにスポットをあてながら紹介して参ります。

ブログナビゲーターページへ>>

20.『高台に住む、週末CAFE』一覧

  • 2017/10/12

    「鴨川の週末カフェ・完成検査」

    00.現場20.『高台に住む、週末CAFE』

    千葉の鴨川で進めてきた「高台に住む・週末CAFE」の家、完成検査。

     

    まだ細かい部分を残してはおりますが、先日ようやくオーナーさんも交え、

    出来上がりの完成検査を行いました。

    週末カフェのスタートや家を使用する日はまだ先で、

    看板、家具なども今回は直接オーナーさんが用意されます。

     

    IMG_7855

    IMG_7856

    IMG_7869

    当初から、自分たちも出来る部分は参加しながら進めて行きたい、

    という意向もあり、この広いデッキは、オーナーさんが週末ごとに

    DIYで仕上げる事も検討しています。

     

     

     

     

     

    IMG_7858

    IMG_7883

    IMG_7875

    エントランスのブルーグレーのアンティークドアを開けるとホールで、

    ダイニングエリアとラウンジエリアに分かれています。

    そして、2階が居住スペース。

     

    以前、このエリアは都心では目にしない大ぶりな虫が多いので、

    ドア廻りの下部や開口部の処理をする話しをこのブログの中でもしましたが、

    床が仕上がった段階で、これからアンティークドア下部の処置を行って行きます。

    このままでは、大量の虫たちが行進して進入してしまいます。。

     

     

     

     

    IMG_7862

    IMG_7886

    ラウンジ奥のコクーンスペース。

    お籠もり空間になるように天井をあえて低く抑えています。

    床はこれからサイザルカーペットで仕上げ。

     

     

     

    IMG_7880

    ラウンジはやさしいトーンの、奥様の趣味空間で。

    このゾーンには、シャビーな家具をセレクトしていくようです。

     

    、、、これにガラスのシャンデリアか。。。

    それでは、あまりにも甘すぎる印象なので、白いモールは壁と同色でグレーに変更、

    そしてマントルピース内のブリックは白に塗ることで、

    色味だけでも抑えていくように色の塗り替えを変更提案させていただきました。

     

     

     

     

     

    IMG_7866

    ラウンジからの眺望。

     

     

     

     

    IMG_7878

    19世紀、1850年頃のフランスはブルゴーニュ地方で使用されていた、という

    アンティークのドアがうまく融け込んでいました。

     

     

     

     

    IMG_7882

    IMG_7870

    IMG_7888

    勾配天井の贅沢な吹き抜け空間が、カフェゾーン。

    ストーブの設置がこれから行われます。

    やはり、窓から見えるこの眺望が一番の目玉になってきそうですね〜

     

     

     

     

     

    IMG_7892

    早速 吹き抜け部分に、都心では見たこともない様な、お〜きな蜘蛛が!!

    オーナーさんも、それを仕留めるのに真剣な眼差し、少しビビリ気味(笑)

     

    それも、自然の中で暮らすための第一歩ですね。

     

    最後にオーナーさんから、心温まるメッセージカードもいただき、

    今回の出会いに大変喜んでいただけました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2017/08/22

    「高台に住む、週末CAFE」の家、進捗

    00.現場20.『高台に住む、週末CAFE』

     

    かも.1

    今日も、片道移動距離110キロ、千葉の鴨川にやってきました。

    さすがに車での移動現場としては、少々距離を感じますが、

    迎えてくれるこの景色で一瞬にして疲れを吹き飛ばしてくれるようです。

     

    ほぼほぼ完成が近い、三浦半島油壺の現場とこの鴨川の二つの現場。

    まだ使ったことは無いのですが、「東京湾フェリー」というのを使うと

    なんと、横須賀の久里浜から千葉の金谷まで40分で海の上を移動出来るらしい。

    それも一時間に一本、フェリーが出ていて車ごと運んでくれるようなので、

    今度これを利用すれば、二件掛け持ち現場が出来るかも、、

     

     

     

     

    かも.2

    かも.3

    かも.4

    かも.5

    かも.6

    かも.7

    「高台に住む、週末カフェ」の家。

    こちらも、工事が遅れ気味ですが、9月中旬目指して現場も慌ただしく動いています。

     

    これから、左官・塗装・建具など仕上げ工事が大集合してフィニッシュに向けて

    どんどん様変わりしていきます。

     

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2017/06/03

    「鴨川っ!」

    00.現場09.大浦比呂志 LIFE20.『高台に住む、週末CAFE』

     

    千葉の鴨川で進めているプロジェクト「高台に住む、週末カフェ」の家。

    現場の進捗確認と打合せのため早朝からアクアラインで向かいました。

     

    鴨川.1

    んん〜、この景色。やはりこの現場に来ると気分も上がります!

    また、当日は爽やかな青空で気持ちの良い日。

     

     

     

    鴨川.2

     

    鴨川.3

    現場では外壁面のタイベックシートが張られ、窓が全部取り付いている状態です。

    今回は、はじめてお願いする施工業者さんですが、

    設計の意図をくみ取ってもらいながら、とても丁寧で綺麗な仕事をしていただいてます。

     

     

     

     

    鴨川.4

    これはカフェ部分のデッキテラスに繋がる窓ですが、

    ここからもこんな景色が切り取られます。

     

    確かに景色は良いのですが、地元の施工業者さんのお話しでは、とにかくこのエリア

    都会では目にしない虫やサイズも大ぶりなものも多く、その対策も考えておかないと、、

    との提案。

    そこで玄関ドアなどの上がり框も通常より高く取ったり、ドアの下に隙間を無くす

    ゴムを取り付けたりと、外に繋がる開口部の下側処理について細かく話しをしてきました。

     

    本当は季節の良い時期などは窓も全開にして、外の風を感じたいのですが、

    なかなか理想通りにはいかないようです。。

     

     

    そんな感じで現場を後にして、さ〜! 明日はお休み。

    車にはボードを積んできたのでこれから波を探しに走ります。

    千葉南はコンスタンスに波のあるエリアとしても有名で、

    特に鴨川エリアはサーフィンの歴史も古いところで、施設も整ってます。

     

     

    鴨川.5

    まずは、鴨川のポイントをチェック!

    しかし、、、こんなときに限って鴨川エリアは写真の通りフラット!

    まるで湖。。

    普段はロングボードにとって、メローで良い波がたつこのポイントも今日はまるでダメ。

    早速波情報をチェックしても、夕方〜明朝に掛けてもあまり変化が期待できそうにない。

     

    そこで、さらに南下して千倉方面に向かう。

    鴨川からは約30キロくらい。

     

     

     

    鴨川.6

    夕方、6時くらいに千倉ポイント到着。

    まあ〜、良い感じの波! そして海には5人くらいしか入ってなく、

    この波をほぼ独占状態で楽しんでました。大正解でした!

    さすがに今からだと1ラウンドきつそうだったので、楽しみは明朝にまわし宿へ向かう。

     

     

     

    鴨川.7

     

    鴨川.8

    この宿、3年前にも一度利用した宿だけど、完全なサーファー仕様で、

    至れり尽くせりの環境、そしてビーチは目の前で歩いてすぐに海に出れる宿。

    ラッキーなことに当日チェックで空いていました!

    部屋からは波の音も聞こえ、これサイコーな場ですね。

     

    明朝は予報通り丁度良い波がヒットして、朝の5時から入水、5時間ぶっ通しで

    楽しめました〜!

     

    やはり、この鴨川の現場、、自然と足が向いてしまいそうです。(笑)

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2017/04/24

    「この見晴らしはサイコー!」

    00.現場20.『高台に住む、週末CAFE』

     

    千葉の鴨川ではじまったプロジェクト「高台に住む、週末カフェ」の家。

    晴天に恵まれた日曜日に、ようやく上棟を迎えることが出来ました。

     

    この日は日曜日でしたが、建築的な日取りの良い日ということで、

    朝から大工さんも大勢集まり、工事が行われました。

     

    上棟.1

     

    上棟.2

    1階に予定している、広いデッキテラスからの眺望もさることながら、

    2階レベルからの鴨川一望の見晴らしはサイコーでした。

    近くに展望台もあるような高台ですが、この現場はこのあたりでも最も高い位置にあり

    遮るものはなにも無く、海への眺望がひらかれます。

     

     

     

     

    上棟.3

    カフェスペースの贅沢な吹き抜けに見えてくる、この古材の太鼓丸太はとても

    力強くダイナミックで空間の良いアクセントとなる事でしょう。

     

     

     

     

    上棟.4

    上棟.4-2

    屋根勾配の違う三角屋根の家が二棟重なり合うように建つファサードデザイン、

    屋根勾配が丁度良いバランスで、シンプルながらしっかりその存在を主張する、

    モダンな外観となってきます。

     

     

     

     

     

     

    上棟.5

    この眺望を最大限に生かし切る、「高台に住む、週末カフェ」の家。

    今年の夏の完成を目指し、着々と進んでおります。

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2017/03/04

    「鴨川の海を見下ろす立地で・今日は地鎮祭」

    00.現場03.ウィークエンド・ハウス03.眺望を取り込む20.『高台に住む、週末CAFE』

     

    今日は、高台から鴨川の海を見下ろす素晴らしいロケーションで、地鎮祭。

     

    ご主人が大の釣り好き、たまたま鴨川に家族で遊びに来ていたときに、

    今回の土地を見つけ、まさに一目惚れの様に即決してしまった、という巡り合わせ。

    きっとこの土地に呼ばれてきたんでしょうね。

     

    地鎮祭.2

    すぐ近くには、展望台もあり、このあたりでは一番高い場所にあって、

    こんな角度から鴨川の海が一望出来てしまいます。

    今日はあいにくの薄曇りでしたが、夜景も綺麗に見えそうです。

     

     

     

    地鎮祭.1

     

    地鎮祭.3

     

    地鎮祭.5

     

    地鎮祭.6

    この家は、ロケーションを生かしながら、当面「週末の家」といった使い方で、

    釣り好きのご主人と、奥様のスキルを生かした週末だけ限定のこだわりカフェをという

    構想で設計を進めてきました。

    元気なお兄ちゃんにとっても最高な環境ですね。

     

    こんなに海に近い現場、自然と足が向いてしまいそうで、この現場に来ることが

    多くなりそうですが、、、

     

    完成は2017年8月の予定、

    今回のプロジェクトタイトル「高台に住む、週末CAFE」で、進捗はまたこのブログから

    お届けします。

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-

最新記事