• tel:045-530-4343
  • お問い合わせ・資料請求

Don't think. F E E L ! 大浦比呂志の五感で感じる暮らし

ネイチャーデコール主宰 建築デザイナー大浦比呂志のこだわりの世界観を、建築、インテリアの事例やライフスタイルにスポットをあてながら紹介して参ります。

ブログナビゲーターページへ>>

BLOG一覧

  • 2017/08/22

    00.現場20.『高台に住む、週末CAFE』

     

    かも.1

    今日も、片道移動距離110キロ、千葉の鴨川にやってきました。

    さすがに車での移動現場としては、少々距離を感じますが、

    迎えてくれるこの景色で一瞬にして疲れを吹き飛ばしてくれるようです。

     

    ほぼほぼ完成が近い、三浦半島油壺の現場とこの鴨川の二つの現場。

    まだ使ったことは無いのですが、「東京湾フェリー」というのを使うと

    なんと、横須賀の久里浜から千葉の金谷まで40分で海の上を移動出来るらしい。

    それも一時間に一本、フェリーが出ていて車ごと運んでくれるようなので、

    今度これを利用すれば、二件掛け持ち現場が出来るかも、、

     

     

     

     

    かも.2

    かも.3

    かも.4

    かも.5

    かも.6

    かも.7

    「高台に住む、週末カフェ」の家。

    こちらも、工事が遅れ気味ですが、9月中旬目指して現場も慌ただしく動いています。

     

    これから、左官・塗装・建具など仕上げ工事が大集合してフィニッシュに向けて

    どんどん様変わりしていきます。

     

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2017/08/17

    「かなり遅れてしまってます。。。」

    00.現場20.『敷地境界線がなんと 海!』

     

    三浦半島の油壺で進行中の「敷地境界線がなんと 海!」の家。

     

    かなり遅れてしまってます。。。

    ここのところの雨続きの天候で外構がしばらく止まってしまい、

    内部は内部で、なかなか手間の掛かる「地層壁」のボリュームの多さ、、

     

    台風などが来ないことを祈ります。

     

     

     

    海.1

    今日も、朝からどんよりとした天気で、雲行きが良くない感じ。。

     

     

     

    海.2

    一番水辺に近い、B1フロアのBARラウンジ〜奥のリビングゾーンを見る。

    内部は左官工事を残して大きな部分は完了しております。

     

     

     

    海.3

    海.6

    海.7

    リビングのアクセントタイルも控えめながら良い感じに主張しています。

    このタイルの色に合わせて、TVキャビネットを仕上げていきます。

     

     

     

     

    海.4

    地階のパウダールームからも海に停泊したヨットが見えます。

     

     

     

    海.5

    1階ゲストルームは、海をイメージした深いブルーで壁を仕上げました。

     

     

    さ〜、、追い込み・追い込み!

     

    一般の住宅ではなかなか出来ない空間の構成など、

    この週末の家(リゾートハウス)ではトライしています。

    工事の完成が今から楽しみです!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2017/08/14

    「ドバッと最近のキッチンデザインお見せします!」

    05.キッチン

     

    本当にデザインって無限大に広がっていきます。

     

    キッチンをひとつとってみても、その家のオーナーの暮らし方や使い勝手、

    そしてデザインの趣味指向性によって、色々なパターンのキッチンデザインが

    出来上がりました。

    紹介させていただいたのは、ここ最近の事例です。

     

    動線をどうする? 収納量は足りてるか? 家族で使える大きさ?

    キッチンの設備は何を使っていく?

    キッチンの形状はL型・I型・カウンター形式・アイランドキッチン?

    素材やカラーリングは明るめダークめ?

    質感出したいけどメンテナンスは大丈夫?

    取手もこだわりたい、施主支給にする?

    そもそもデザインのテイストはどこを目指す?

    等々、こうして画像を並べてみると、その家ごとの打合せでの思い出や葛藤、

    金額調整により変更したり、、、

    色々なオーナーさんの顔が浮かんできます。

     

    そんなキッチンデザイン集をドバッとお見せします!

     

     

    ○ アイランドキッチン事例.1 (平塚市 S邸)

    キッチン.1

    キッチン.2

     

     

    ○ アイランドキッチン事例.2 (杉並区F邸)

    キッチン.3

    キッチン.4

     

     

    ○ アイランドキッチン事例.3 (習志野市H邸)

    キッチン.5

    キッチン.14

     

     

    ○ カウンターキッチン事例 (藤沢市U邸)

    キッチン.6

    キッチン.7

     

     

    ○ カウンター&コの字型キッチン事例 (横浜市M邸)

    キッチン.8

    キッチン.9

     

     

    ○ コの字キッチン事例.2 (横浜市K邸)

    キッチン.11

    キッチン.10

     

     

    ○ コの字キッチン事例.3 (横浜市Y邸)

    キッチン.12

    キッチン.13

     

     

     

    デザインも多種多様です。

    ○○風や○○スタイルだけではかたづけられないもの、

    それが自分らしい自分スタイルになっていきます。

    この先、何十年も使っていく大切なスペースですから、

    丁寧に考えていきたいですね。

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2017/08/12

    「パウダールームのデザイン色々」

    05.パウダールーム06.家創りのヒント07.シンク・バスタブ・トイレなど衛生陶器07.水栓金物

     

    今回は、ここ最近手掛けたお家の様々なパウダールームのデザインをご紹介します。

    パウダールームも家の中の他のエレメントと同様に、

    大きさ・素材・衛生陶器・照明・取手パーツ類など多種多様な選択肢の中から、

    その家独自のデザインでオリジナルに作り上げていくことが可能です。

    ただ、こうして最近の事例を並べてみると、やはり最近のトレンドや

    自分の中のマイブームな素材などの共通性を見つけることが出来ます。

     

     

     

    ○ 万能マテリアルのモールテックスが多用されてます。

    洗面.1

    ボリュームのある厚めの天板にシンクまでを一体でモールテックスで仕上げた事例

    ザックリとした白板貼りと白のメトロタイルはグレーの目地で。

    アクセントにグレーの柄タイルで全体的にはコージーなイメージの中、

    北欧テイストのアルヴァ・アールトの照明とモダンなミラーがスパイスに。

     

     

     

     

    洗面.2

    モールテックスの天板にオークの古材を組み合わせ、

    壁面は淡いグレーでカラーリングされた、

    ナチュラル&モダンなデザインのパウダースペース。

    北側に面したこのスペースにはトップライトの光で柔らかな自然光を。

     

     

     

     

     

    洗面.3

    洗面台・壁面全体・そして床の一部までの広い面をモールテックスで仕上げた事例。

    隣接のバスルームも壁・天井をパウダールームと同じ素材で統一し、

    テンパーライトのガラスを通してスペースが一体で繋がるようにしました。

    天井のチーク材とクールな壁面廻りの相反した質感がバランス良くマッチ。

     

     

     

     

    ○ タイルのポイント使いがアクセント

    洗面.4

    清潔感のある「白」を基調に、床や腰のタイルにアクセントを持たせた事例。

    奇をてらう事のない、ベーシックでホテルライクなデザイン。

    ブラケット照明や水栓金具はオーナー自らが個人輸入でゲットしたもの。

    ネイチャーデコールでも人気のタオルウォーマーが

    違和感なくこのスペースに融け込んでます。

     

     

     

     

    洗面.5

    キャビネットや建具類、そしてモザイクタイルなど「黒」をポイントカラーにした

    ブルックリンスタイルのパウダースペース。

    マリンライトや水栓金具、ペーパーホルダーは真鍮古色で統一。

    ブルックリンスタイルは何年か前からの人気のデザインスタイルの一つで、

    LDKのスペース同様に水廻りもテイストを合わせました。

     

     

     

    全体のスペースをどういうイメージにするか?

    それに合う、照明器具は?天板の素材は何にする?タイルも様々あるけど、、

    水栓金具の機能も大切だけどデザインや素材をどうする?

    小さいけど目に付く取手やハンガー類の金物は?

    そもそもシンクは1台?2台?・・

     

    「標準仕様」が無いので、どんな空間も自分のこだわりで自由にデザイン出来る事が

    また楽しいですね〜

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2017/08/06

    「あると便利な、室内ランドリールームの話」

    05.ユーティリティ06.家創りのヒント

     

    花粉の時期の対策であったり、共働きの家の要望に多いものに、

    「室内ランドリールーム」があります。

    洗濯モノを外に干しっぱなしにしておきたくない、

    洗濯機と乾燥機を入れて、屋根のある室内干しができるスペース。

    広さ的には2帖から広くても4帖程度のスペースですが、

    このスペースは結構活躍の場が広そうです。

    そこで、今回は最近要望の多い「室内ランドリー」についてのポイントを

    いくつかまとめてお話しします。

     

    1. 風通しが良く、自然光が差し込む大きな窓があること。

    室内に干して後は乾燥機頼り、ではなく風が通ることでより乾きを良くするので、

    出来れば二面の窓を設けて風の流れを作れるように計画します。

    窓は、南や東に向けて開口しより自然光が差し込むようにしていくことが

    望ましいです。

     

    2. 合理的な動線計画。

    バスルームで脱衣〜そのまま洗濯機へ、そして乾燥〜季節の良い時期は隣接した

    外のデッキにも物干しが出来〜乾いた衣類をアイロン掛けし、たたみ

    〜各クローゼットへ収納。この一連の生活動線を良く考えレイアウトしていくことで

    ストレスのない家事動線が出来ます。

     

    3. アイロン掛けなどの作業スペースの確保。

    スペースも広いに越したことはないのですが、「室内ランドリー」はユーティリティ

    を兼ねるので、洗濯関連の諸々の収納と一緒に、アイロンなどが出来るカウンター

    を一画に設けておくと使い勝手が広がります。

     

    こんなことにポイントをおきながら「室内ランドリールーム」を計画しておくと

    活用性の高い、とても便利なスペースとなるでしょう。

     

     

    室内ランドリー事例 1

    ラン.3 2

    外のデッキと隣接した室内ランドリーの事例です。

    ランドリールームの隣はパウダールームそしてその隣にはウォークインクローゼット

    があり、動線が一直線で繋がる計画にしました。

     

     

     

    室内ランドリー事例 2

    ラン.1

     

    ラン.2

     

    ラン.4

    この家の事例は、中央に独立した約3帖のランドリールームがあり、

    ここは洗濯だけをする専用スペースで、片側からはランドリールームに繋がる

    外デッキ、もう一方からは屋根のある室内物干し(サンルーム型デッキ)に

    繋がっています。

     

    今回は、あると便利な「室内ランドリールーム」のお話しでした。

    是非、計画に取り入れてみてはいかがですか。

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-

最新記事